坂口安吾「堕落論」と女装

全国的に暑いのでしょうか?
お元気してますかぁ?

さっき、ビールもどきを飲みながらNHKを見てたら、坂口安吾「堕落論」の紹介をしてました。
戦争直後に生きる規範を失った日本人に向かって「規範を失って、見えてくるものが真実であり、
そこからすべてが始まる」というのが著作の主旨とのことです。

で、思ったんですよ。
あたしって何度も失業して、何度も就職して、いろんな会社で働いてみたら、どんどん社会が求める
人物像から離れていったの。
てゆうか、元々のあたしは社会規範とは離れた所にいたのに、学校や会社で波風立たせずに過ごす
ために色々な上着を着て、周りに合わせて着替えたのね。
それを繰り返しているうちに、本当の自分とかけ離れた自分が出来上がってしまって、ある日それに
気付いて精神的にどん底に堕ちてしまったの。
今はかなり快復して、本当の自分には「女のコになりたい」という希望があったんじゃないかって思う
ようになりました。それで今はしっかり下着を着けて、スカート穿いてパソコンに向かってます。

明日は仕事休みなので、本屋さんで坂口安吾を探してみようかな?

ブログ村のランキングに参加してます、
酔っ払いの戯れ言ですが、よろしければバナーをクリックしてもらえますか?
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大変興味深い記事だ

おはようございます。andお久しぶりです。

よしのちゃんを見ていると、まるで自分の事のように思う。俺は親父にガキの頃からガッチガチの女らしさを叩き込まれてきたんだけど、苦しさしか感じなかったよ。女である事が苦痛で仕方なかった。

小鳥のお嬢キャラは親父の影響だが、俺のパンキッシュな性格も親父の影響は少なからずあると思う。『お嬢ヤンキー』なんてあだ名付くくらい俺たちの分裂具合は凄まじくて…とても生き辛いよ。

よしのちゃんも過去は辛かった?
男の自分と女の自分、どちらが本当の自分なんだろうって悩んだりしたんだろうね。

俺の親父は軍人みたいだった。そう、規範という言葉をよく使った。いつも規範・規範・規範。着る服も食べる物も女らしさにもその言葉を使う。なんだよ女の規範て。

規範という言葉だけ。本質的なものなんか見ていないんだ。自分の子供のことさえ。

小鳥がよしのちゃんのこと、若い女のコに見えるって言ってるけれどあれは嘘じゃ無いんだよ。彼女には、よしのちゃんの本当の姿が見えるんだ。

Re: 大変興味深い記事だ

こんにちは。コメントありがとう。
そして、元気そうで良かった。

あたしは具体的に男らしくしろと言われなかったけど、母から「女の腐ったような」とよく言われたのがキツかったですね。その割に母の真似をして花好きになったりして。よく分からないですね(^^ゞ

それよりも社会に出てからビジネスマンとかオヤジとかいう属性に取り込まれるのが嫌でしたネ。これは今でも。

写真を撮ることで自分の女性的な面を表現してたけど、それがやりにくくなったのと同時に、女装という手段を得たので、これで自分を表現してるのかもしれません。

あたしは大多数から離れた少数派でいると落ち着くの。もちろん自分らしい少数派ね。

そろそろ本屋さんに坂口安吾を探しに行くね。また来てくださいね。
ではでは(^_^)/
プロフィール

千倉よしの

Author:千倉よしの
下着女装をずっと続けてきましたが、
2015年、ついに50歳で女装デビューしました!
サイズはだいたいT159-W57-UB77-TB90-W73-H87です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ようこそ!
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる