無意味な比較

あたしは鉄道が好きです。女装並みに変な趣味は承知してます。今回は鉄道の話です。興味のない方は読まなくても構いません。

鉄道マニアの間では関西と関東の鉄道を比較して、その結論として「関西の方が優れている」「関西の鉄道が正しい」ということがよくあります。

これね、意味ないの。

例えば、関西には2人がけで進行方向に座れる転換クロスシートの車両が多くて、関東は横向きのロングシート車が多数で転換クロスシートはほとんどありません。
左 JR東日本の東海道線E233系 4扉ロングシート+4扉セミクロスシート+2階建てグリーン車15両編成
右 JR西日本の東海道線225系 全車両3扉転換クロスシート12両編成
 
これだけを比較対象にして「関西の鉄道は優れている」更には「関東の鉄道は詰め込み主義で乗客を人間扱いしていない」と結論付けます。
何故こういう座席配置になったのかについては、ここ数年でやっと議論されるようになりました。
単に関東は人口が多いのです。3扉転換クロスシート車ではさばききれないのです。いや、4扉ロングシートでもさばききれない路線もあります。

関東の私鉄の京急では2扉転換クロスシート車があって、これをもって「京急は関東にある関西私鉄だ」などと言う人もいます。
左 京急2100形2扉転換クロスシート
右 阪急9300系3扉転換クロスシート
 
これは国鉄・JRと競合すること、特に品川~横浜間では完敗に等しいことが理由のひとつです。私は京急沿線で生まれ育ちましたが、空いている品川~横浜間の利用ばかりでしたので問題なしでした。でも、横浜以南の混雑区間では嫌われているようです。
そういった実態も知らずに、車両だけを見て優劣を判断するのはやめてほしいです。地域により、路線により、時代によりさまざまな条件があって、それぞれに違うのですから、優劣はないと思います。

と、偉そうに書き連ねましたが、実は私も無意味な比較をしています。それは自分と他人です。頭では自分は自分で他人と比較して優劣をつけるものではない、と分かっているつもりですが、実際は何だかんだと言って他人と比較しては落ち込んで、鬱状態にはまり込むのです。

ブログ村のランキングに参加してます。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も無意味な事を比べてしまいます

京都にいた頃は京津線や特急に乗るのが大好きでした。眠っていても『けいおん』電車やダブルデッカー車の夢をよく見ます。恋しいのでしょうね。

人口比のことは実際に関東に来ておっしゃっている意味がわかりました。確かにクロスシートは無理でしょう。


東西、男女、人と自分。

比べても何にもならないのに。どうしてだか比べてしまう。私もそうです。

私は男性が羨ましい。坂本行きの電車に乗っていた時、前に座っている男子高校生達が空力ブレーキについて話していた。電車の構造が頭に入っていて、操作も出来るのだろうと判る会話でした。カッコよく思えた。それからダイヤを作るスジ屋さん。私にはチンプンカンプンの世界。


とても理解出来ない憧れの世界が鉄道の世界。私は乗ることしか出来ない。彼らと比べる必要がないのに、そう思うと落ち込みました。


鉄道に興味のない人ばかりになったら、電車を動かして貰えないかもしれないし、女性の支度時間に理解のある男性が存在してくれるのは、女性にとっては嬉しいこと。


たとえ変でも女装も鉄道も無駄な趣味ではないと思います。

きっと電車に乗るだけで楽しめる私も…。払った運賃は鉄道で働く人のお給料になるから無駄じゃない。

Re: 私も無意味な事を比べてしまいます

小鳥さんからコメントをもらえてとても嬉しいです。ありがとうございますm(__)m

そして、無意味な比較をしてしまうのが自分の他にも一人いることが分かって、これもとても嬉しいです(^_^)

最近、女性の鉄道運転士が増えてきているのですが、彼女たちは電気車(専門的にはこう言います)の構造を理解しているのだろうか? VVVFインバータ制御とサイリスタチョッパ制御の違い。交流と直流を変換するコンバータ。電気だけじゃありません、圧縮空気も使いますが、安全のためにエアーが抜けるとドアが閉まったり、ブレーキがかかるための仕組み・・・。そうだ、今の電車は編成全体にLANを構成していて、いろいろな所にクライアントのPCがあるんだけど、LANの再起動できるのかな?
あたしは父親から「背が低いから鉄道や船には(仕事として)乗れない」と言われて、鉄道への道をあきらめました。でも、それはウソでした。5~6年前に某関東大手私鉄の駅員の中途採用があり、性別も身長も制限がないことを確認して応募しましたが・・・。
あ、余計なことですね。ごめんなさい。

こんな戯言のような記事にちゃんとしたコメントをもらえるとは本当に思っていなかったので、驚いたし、嬉しいです。
本当に本当にありがとうございます。
それから、これからもこのブログをよろしくお願いいたしますm(__)m



> 京都にいた頃は京津線や特急に乗るのが大好きでした。眠っていても『けいおん』電車やダブルデッカー車の夢をよく見ます。恋しいのでしょうね。
>
> 人口比のことは実際に関東に来ておっしゃっている意味がわかりました。確かにクロスシートは無理でしょう。
>
>
> 東西、男女、人と自分。
>
> 比べても何にもならないのに。どうしてだか比べてしまう。私もそうです。
>
> 私は男性が羨ましい。坂本行きの電車に乗っていた時、前に座っている男子高校生達が空力ブレーキについて話していた。電車の構造が頭に入っていて、操作も出来るのだろうと判る会話でした。カッコよく思えた。それからダイヤを作るスジ屋さん。私にはチンプンカンプンの世界。
>
>
> とても理解出来ない憧れの世界が鉄道の世界。私は乗ることしか出来ない。彼らと比べる必要がないのに、そう思うと落ち込みました。
>
>
> 鉄道に興味のない人ばかりになったら、電車を動かして貰えないかもしれないし、女性の支度時間に理解のある男性が存在してくれるのは、女性にとっては嬉しいこと。
>
>
> たとえ変でも女装も鉄道も無駄な趣味ではないと思います。
>
> きっと電車に乗るだけで楽しめる私も…。払った運賃は鉄道で働く人のお給料になるから無駄じゃない。

No title

関東の私鉄の特徴として、他社と競合してない区間が多いことが挙げられますね。
関西は競合している区間が多いので、スピードやサービスで差をつけようとしているところがあります。
関東で言うと、京急と京成はJRと競合区間があります。
京急はJRに負けぬよう、サービス向上のために転換クロスシートを導入したり、直線で一気に加速したりします。
私も横浜に行くときは、京急を利用することが多いです。
京急って頑張っているから、好きなんですよね。

人と比較すること。
私も、これによる劣等感で心を病みました。
でも、この年になると、もう自分の嫌なところも含めて自分だと受け入れるしかないんですよね。
これ以上自分は変わらないし、これでいいのだと。
そうしたら、ずいぶん心が軽くなりました。

Re: No title

直接競合はしてないけど、実は・・・というところありますよ。
池袋~川越、新宿~八王子、新宿~藤沢、池袋~新宿~渋谷~横浜あたり。
京急は30年くらい前の日曜昼の川崎~横浜なんてガラガラ。上りは特急も快特も横浜でほとんど降りてたんですよ。

めぐみさんは自分と他人を比べないようになれたんですね。あたしはまだまだです。

コメントありがとうございます(^_^)/

??

こんにちは
呑み鉄のまやので~すi-179

これは出稼ぎに行く度思うのですが電車の事全然分からないけど、関東の電車より関西の電車の方が色が地味の様な気がします
それに似てる様な色ばかりで電車を色で覚えるのが難しく毎回どれに乗って良いのか迷いますi-229

Re: ??

こんにちは~
この前、「居酒屋かいじ」でスーパードライ飲みました。あたしも呑み鉄(^_^)v

そうですよね。関西の電車の色って地味って感じがしますよね。これでも前よりだいぶ彩度が上がってるんですけど、キラキラした祗園やギラギラしたミナミとのギャップが大きいところに若干の違和感が?

大阪のタクシーが黒いのは、街が派手だから車体は赤や黄色より黒い方が目立つ、らしいんですが、電車はどうなんでしょ?

JRはあちこちに直通運転をしてるし、運転系統を無視した路線の愛称名を付けてるから分かりにくいかも。米原~姫路をJR琵琶湖線、京都線、神戸線に分ける必要あるんですかねえ(@_@)

なんて、関東のJRも直通運転が増えてますよね。湘南新宿ラインと上野東京ラインは同じ電車で色も同じですからね。個人的には湘南色が横須賀線を走るのに物凄い違和感があります(*_*)

どこでも、行先と停車駅の確認が大事ですね(^_-)
コメントありがとうございます。
プロフィール

千倉よしの

Author:千倉よしの
下着女装をずっと続けてきましたが、
2015年、ついに50歳で女装デビューしました!
サイズはだいたいT159-W57-UB77-TB90-W73-H87です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ようこそ!
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる