FC2ブログ

変更

プロフィール等を今までの実態に合わせた内容に変更しました。
また、fc2、日本ブログ村の所属カテゴリーも変更しました。

主に
① 多くの女装ブログとは方向性が異なり、せっかく書いても埋没してしまう事が多い

② 発達障害、メンタルヘルス系からアクセスが増えているので、そちらからの閲覧者も参加しやすくしたい

この2つの理由からプロフィールと所属カテゴリーの変更に踏み切りました。
但し、新しい記事のアップロードは全く未定です。今は欠かなくて良いということで、その開放感が心地良いのです。
関連記事
スポンサーサイト



ブログ休止のお知らせ

20190710085625e3f.jpg

私のコミュニケーション能力が異常に低く、ここだけでなく、他の方のブロク、ツイッターでも問題を起こしています。

特定の相手のみならば相手に原因があるでしょうが、異なる相手とでも同じような問題を起こすということは、原因は私にあるに違いありません。

事の直接の原因はツイッターでの出来事でした。が、文字とインターネットによるコミュニケーションツールとしては同等ですので、ブロクの休止とツイッター活動の最低限までの制限をします。

また他の方のブログへのコメントもご迷惑になりますからしません。

ブログはこれを期に本当に暫く休止します。
ここまでのお付き合い、ありがとうございました。

それでは、また逢う日まで。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

先天的な個人差、個体差



自分が無意識にでもできることは、他の誰もができるはずだと思う。「できない!」という人も練習すればできるようになると思ってる。

しかし、できない人にとっては、何をどうすれば良いのかが理解できない。頭も身体も言われた通りには動かない。中にはできるようになる事もあれば、何十年かけてもできない事もある。

この差。縮まればそれはとても良いことでしょう。
もし、縮まらなければどう対処すれば良いのでしょうか?




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

狂った私



一時危篤になった父にまつわる私の事を話します。

父が危篤と聞いて、「いよいよその時が来たか」と最期を看取り、葬儀を執り行い、納骨するまでしっかりやるぞ、とやる気満々で、脳内はその手順でいっぱいになりました。

散らかった実家を片付けて遺体を迎える準備をしてから、夕方病院へ向かいました(片付けの半分は妹がやりました)。

やはり父は意識は無く、下顎呼吸という死亡直前に行う呼吸をしていました。

「夜中に呼ばれて、葬儀屋に電話だな」

と考えながら、病院の家族控室の布団に入った。早朝電話が鳴ったが、それは回復してきた知らせだった。

病床に行くと、下顎呼吸はしてなくて、普通に胸郭を上下させています。呼びかけにも応じます。言葉ではありませんが声も出します。

私はそれでも2~3日の内に亡くなるものだと思ってました。しかし、亡くなるどころか、状態は安定してきてしまいました。

長期戦を覚悟して、一旦東京に戻り、職場への現状報告と精神科への定期通院をしました。そして、夕方また病院へ。

父は変わらず安定した状態。主治医も長くはないと言う割には焦りが無い。

翌朝、父の顔を見ると顔色は黒っぽくなっていて如何にも死期が近づいている感じに見えました。ほとんど眠っていて、目が覚めても声を出すこともなくなりました。

「さあ、自分がやらねばならない時が来るぞ」
と気合いと覚悟を決めます。


しかし、看護師は「付き添いも疲れるから休んでください」と言う。私にはこの「休む」が「帰れ」に聞こえて気分を害した。

入院時から馴染みの看護師に尋ねた。

① 父は本当に危篤から抜けたのか。
② 医師の言う「長くはない」は何を基準にしているのか。私は危篤で24時間以内に死ぬというのが基準なので、長くても3日と思っているが、病院側の認識はどうなのか。
③ 危篤でもない患者のそばに家族がいるのは治療や看護の邪魔になってないか
④ 危篤になりそうな時点で連絡できるか

①はその通り。
③はそういうことは全く無い。
②と④は主治医に聞かねば分からないので、直接話してほしいとのこと。

主治医と話したところ
②は一週間位は生存するかもしれない。
④はその通りに約束した。

という事で、私は東京に帰りました。

しかし、何か腑に落ちない事があるんです。帰りの道中考えてました。帰宅したときに分かりました。それは

「私は『父を看取るというミッションを完遂できなかった』という自分の不甲斐なさに納得していないのです。」

一般的にはあり得ないですよね。でも、私はそういう風に考えていたのです。

だから、父が死ななかった事に半ば苛立ちを覚え、帰っても良いという病院側の言葉に強い反発心を抱いているのです。

今はまだ心の整理が全くできていなくて、早く危篤か臨終の連絡が来ないかと待っているのです。

今夜は眠剤とビールで熟睡祭りです。

明日は出てきた財布の受け取りに警視庁遺失物センターと留守中に届いたクレカの不在票をたくさん持って郵便局に行かねばなりません。

それ終わったら女装してオシャレなカフェでナンパ待ちしてみようかな?

罰当たりな息子だとみんな思うでしょ。
そう思ったら、下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

千倉よしののアドバンテージ



あたし、他の人に比べてアドバンテージが
あるのか無いのかわからないので、
教えてください。お願いします!




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

今週のコト



あたしの近況報告です。

今週は寝たきり状態になった父が意識不明となり、高速バスも使って2時間ほどの病院にずっといました。

夜は病院に用意してある部屋に泊まったものの、妹と同室だし、Wi-Fiとか無線LANとか無いので動画の閲覧は自粛してました。
確かに状況が状況なので、あまり楽しいことに気持ちが向かないという事もありました。

その後、父は意識を戻したのだけど、主治医の意見は急激な変化はないだろうが、徐々に衰弱していくとのこと。

今後の治療方針をどうするかを決めねばならなくなったときはつらかったです。私も妹もしばらく無言でベッドサイドにいました。

自分の一言が父の寿命を決めてしまう。

意を決して私は妹を廊下に呼び出し、積極的延命治療はしないで、最低限の点滴のみで、自発呼吸が止まるときを待つということにしました。それを主治医に伝えました。

あたしは今日は職場への中間報告と明日の精神科への通院、そして洗濯を兼ねて、一旦病院を離れてます。

ま、こんな状態で、久しぶりに高速バスに乗ったときは子供のように嬉しくなり、いつもは眠ってしまうのに、ずっと起きていて車内のWi-Fiを使って動画を見ていました。

それと、ちゃんとした女装はできませんが、元々持っている服がカジュアル系レディース品ばかりで、下着もやはりショーツでないと落ち着かないので、地味に女装してますね(^_^)

父はカトレアのような派手な蘭が好きなのですが、手持ちの写真が無いので、バラで代用しました。

ではでは


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

独り言


前回の記事はあたしの余計なというか勝手な皆さんへの気遣いで、ブログの世界ではあまり必要の無いもののようですね。
アクセスもレスポンスも少なかったことがその証左です。でも、ここはあたしのブログ。あたしの世界。あたしのやり方でやります。



今、意識を回復した父のベッドの脇にいます。

父は苦しいのだろうか?
それ程苦しくないのだろうか?
楽しいことはあるのだろうか?

少しでも苦しくて、楽しくもないのなら、早く楽になってもらいたい。

それが死というものであっても。
死が父を楽にするのなら、早く死を迎えてほしい。
しかし、それを公言するのは、KYな発達障害者でも少しは憚られる。
いや、ここで公言してしまったか。

また、利己的な遺伝子論による肉体は遺伝子の乗り物という表現などを考慮すると、肉体は無くても、遺伝子は既にあたしの中に存在するし、あたしの息子にも存在している。即ちそれが父のでもある。

仏教の空思想に至っては全宇宙と個人を一体視する解釈もあり、それによれば星を見ても、風を感じても、そこに父がいる事になる。

そうは言っても俗人でしかないあたしには、肉体があり「あー、あー」としか言えなくなってもそれこそが父そのもの。

「ウチに帰りたい」と以前から言ってたから、早く帰したいけど、元々自宅介護は不可能であったし、今から移送することもできない。
死後なら移送するよりほかないのはあまりにもつらい選択肢。

意識不明、下顎呼吸となり、24時間程度で臨終と思われたが、その後、意識が戻り48時間以上経過している。

但し、注入輸液量が700ml/dayと少ないので、余命が僅かなのは明らか。

様々な葛藤と、悶々と過ごす今週です。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

コメントと記事


父は意識を取り戻し、意志の疎通も何とかできるようになりました。病院が近くならば、一旦帰宅とか、出勤とかもできるでしょうけれど、近いとは言えない距離なので、ずっと病院に滞在しています。

皆さんのブログも読ませて頂いてますが、的確なコメントを書く事ができません。決して無視やシカトをしている事ではないことをご理解していただきたいです。
ブログ村バナー等は感謝と応援の意志を込めて、必ずクリックしています。

素直に言えば皆さんの記事の全てが羨ましくて、恨めしいくらいですが、それはいっときのことで、いつかそう遠くない時期にあたしもそういう、人から羨まれるような記事をバンバン書いていけるものだと信じています。

かしこ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

父、危篤



今朝、出勤後に病院から、父の状態が悪化し、意識の戻る可能性はないという連絡がありました。
父を迎えるために実家へ向かってます。

写真は父が「この花を摘むと雨が降るから『雨降りアサガオ』と言うんだ」とよく話してくれたヒルガオです。

今はヒルガオが一番きれいな時期です。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事

不安とか、孤立とか、鬱とか、イジメのトラウマとか

おはようございます。

睡眠は最良の薬と言いますが、寝過ぎるくらいに眠っても、気分は全く良くなっていません。

前向きの前がどっちか分からないくらいの五里霧中です。

このまま全ての事、このブログもブロ友の皆さんの事も忘れてしまいそうな不安が私を包んでいる、というよりも、その不安で私が構成されています。

シカトというイジメを受けたせいで、人から声を掛けてもらえないことに恐怖を感じます。

だから、何か言葉をください。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

千倉よしの

Author:千倉よしの
AD/HD、ASD、女性寄り不定性Xジェンダー、性的指向は女性に加えて、内在性解離がありそうなメンタルガッタガタの千倉よしのです。仕事、家族、親戚の前以外では女性スタイルで生活してます。いわゆる女装は2015年、50歳で女装デビューしましたが、Xジェンダーと認識してからは、女性スタイルが自分の普通になりました。
発達障害+セクシャルマイノリティ+内在性解離のトリプルワンダーランドに嫌悪感のない方、興味のある方、どうかよろしく。
一番苦手なコミュニケーションスキルを向上させて、幸せな最期を迎えたいです。

ようこそ!
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
ブログ村ランキング用バナー
⬇バナー押して! にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

⬇バナー押して! にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
フリーエリア
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる